破産のリスクマネジメントを重視しながらFXに取り組むためにどうすべきか

FXは破産のリスクがある!FXで破産しない方法はあるのか!?

FXである以上、破産のリスクはすべてのトレーダーに生じる

FXの取引をする理由は何かという問いに対して、やはりお金を増やしたいからと答えるトレーダーは多いです。しかし、FXの取引をすれば誰もが儲かるというわけではもちろんありません。つまり、FXの取引に失敗すれば、お金の損失という事態を招かなければなりません。それどころか、破産というリスクを背負わなければ、お金を儲けるためのチャレンジであるFXの取引を行うことができません。

お金を儲けたいのは誰でも同じですが、お金を失いたくないという思いもすべてのトレーダーに共通する思いであるはずです。単なる損失ならまだしも、破産ともなれば絶対に回避しなければならないと認識されるでしょう。

そこで、特にこれからFXにチャレンジしようというビギナーさんには、破産確率という概念をまずは理解していただきたいと思います。あまり詳しい話になると、かなり専門的な知識が必要になりますので、破産確率が意味する最低限のイメージを把握しておいていただきたいと思います。

破産確率という概念を知る

FXを行う上でまず知っておいていただきたいことは、すべての取引でプラスマイナスが生じない、すなわち、勝ちもしなければ負けもしない取引が延々と続けられるとすると、破産の確率はほぼ100%になるということがロジック上は成り立ってしまうということです。

もちろん延々とプラスマイナス0の取引が続くことなどあり得ませんが、確率的にはゼロではありません。この計算方法はいろいろありますが、最も有名なところでは、バルサラの破産確率という計算方法で導かれます。

プラスマイナス0であれば破産するはずはないではないかと思うかもしれませんが、金融取引の場合、手数料など黙っていてもマイナスが計上されてしまうファクターがあります。手数料だけどんどんマイナスされて、プラスがまったく計上されなければ、論理上は破産(ここでは所持金がゼロという意味)を迎えることになるのです。

ある条件のもとで取引を続けると必ず破産するというその条件を見出すことが、FXにおける破産のリスクを回避するためには必須であると考えるべきです。ある意味これは、FX取引を行う上で、というより、破産しないためには事前にすべき最低限のルーチンです。しかし実際は、このルーチンをスルーすることで、残念ながら破産を迎えてしまうトレーダーも少なくないのです。

つまり、それだけ破産の憂き目に遭うトレーダーが多いのが、FXの世界なのです。